読書

もう読んだ?大学生におすすめのビジネス書3冊【2020最新】

大学生 おすすめ ビジネス書
毎日だらだらした学生生活…
大学入ったらそれなりに勉強して後は遊ぼ~

これは高校生の時の僕です。

将来の目標もなく「それなりに生きていければ」なんて適当な考え方でした。

この考え方を変えたのが読んでいたビジネス書です。

そんなビジネス書から現役の大学生の筆者が厳選して3冊を紹介します。

ビジネス書といっても、人生を生きる上での姿勢を今一度考えさせられた本たちです。

だらだらした生活を送りたい人にはおすすめしません。

大学生におすすめのビジネス書3冊

大学生 おすすめ ビジネス書

ビジネス書(自己啓発本)と聞くと固い内容で、大人が読むものだと勘違いしがちです。

しかし、ビジネス書は人生をより豊かにする攻略本だと思ったほうがいいです。

それでは僕が一押しするビジネス書3冊の紹介です。

  • 嫌われる勇気
  • FACTFULLNESS
  • メモの魔力

どれも定番ですが、それほど中身のある本たちです。

嫌われる勇気

累計250万部売れているベストセラー作品。

フロイト・ユングと並ぶ心理学の三大巨匠とも呼ばれるアドラーが提唱したアドラー心理学について書かれています。

自己啓発本の中で僕が最も心に衝撃を受けた一冊でした。

こんな人におすすめ

・人間関係に悩んでいる

・人の目(意見)が気になる

・心理学に興味がある

アドラーは「すべて人の悩みは人間関係についてである」と断言した上で、僕たち学生が悩みがちな人間関係の問題に踏み込んだ内容となっています。

特に本書で紹介されている「課題の分離」という考え方には何度も助けられました。

読んだ人の感想

・友人に勧められて読んだ。人と自分を比べないで、勉強や部活をがんばろうと思う。(15歳・高校生)

・他人から嫌われるのが怖くて他人軸で生きてきた。だけど不幸も幸せも自分次第。私らしく生きていきたい。(22歳・大学生)

他人の目をよく意識してしまう性格だったので、人間関係で嫌なことがあっても乗り切れるメンタルが身に付いたんです。


あのホリエモンさんや中田敦彦さんも絶賛している本です。

対人意識が360度変わる体験をぜひしてみてください。

FACTFULLNESS(ファクトフルネス)

こちらも有名な一冊。

2019年のベストセラー本です。

本書のサブタイトル~10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣~の通り、読み終わった時に僕は

はいせ
はいせ
間違った思い込みめちゃくちゃしてたなあ…

と改心させられました。

こんな人におすすめ

・教養を深めたい

・マスコミをそのまま信じてしまう

・国際問題に興味がある

自分たちが思っている以上に世界に対する勘違いは多いんです。

一度公式が出している「チンパンジークイズ」に挑戦してみてください。

※クリックすると公式サイトでチャレンジできます。

間違いが多かった人は誤った考え方をしているかも…


少しボリューム感あるのが正直な感想です。

しかしグラフやイラストが多いので、読書に慣れている人はぜひ読んでみてください。

メモの魔力

最後は「SHOWLOOM」代表の前田裕二さんが書いた『メモの魔力』です。

はいせ
はいせ
今回紹介する3冊の中で一番「ビジネス書」っぽい本ですね。

著者の前田さんは物心ついた時父親がおらず、さらに母親も病気で他界してしまったことから貧しい暮らしを送っていました。

そんな前田さんが成功者にまで成りあがるきっかけを与えた「メモを取る習慣」の魅力が、実体験ベースで書かれています。

こんな人におすすめ

・刺激を貰いたい

・将来がなんとなく不安

・ビジネスに興味がある

僕もこの本を読んでから頻繁にメモを取るようになりましたが、

はいせ
はいせ
ふと思いついたアイディアを後になって忘れてしまうことないですか?

メモを取る習慣が身に付くと、やりたい事だったり、やらなきゃいけない事を見失いません


 

実は特別付録として「自己分析1000問」が巻末にあります。

“人生の軸”を見つけるための質問となっているので、学生の内にできてよかったと思った内容でしたよ。

まとめ:大学生がおすすめするビジネス書3選

大学生 おすすめ ビジネス書

最後に大学生におすすめのビジネス書3冊をまとめます。

3冊すべて刺激を貰えた本だったので、共有しました。

特に時間のある学生の内に読まないと損な本ばかりなので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

目標のない学生生活を変えましょう。