LIFE

【脳に徹底的に叩き込む】効率的な読書アウトプット方法を解説します

読書 アウトプット 方法
読書してるけど、内容がいまいち入ってない気がする…

今回はこんな悩みを解決します。

こんな人におすすめ

・本の内容が記憶できない

・読書アウトプットの方法が知りたい

「読んだ本の内容を教えて!」

と言われてすぐに説明できますか?

読書は様々なことを学ぶことができます。

ですがそれが頭に入らないと意味がありませんよね。

今回は本の内容を頭に完璧に詰め込むアウトプット方法を紹介します。

本記事の要約

・読書アウトプットの効果

・読書アウトプットの方法

本記事を読めば、読書を効率化できるアウトプット方法がすぐに実践できます。

読書をアウトプットする効果とは

読書 アウトプット 方法 効果

読書をアウトプットする意味はいくつかあります。

  1. 記憶に定着しやすい
  2. 文章力が身に付く
  3. 説明する力が養われる

それぞれ解説します。

①記憶に定着しやすい

読書をアウトプットする最も重要なポイントです。

アウトプットすることによって記憶に残りやすくなるんです。

「エビングハウスの忘却曲線」を知っていますか?

アウトプット 効果

このグラフは人間の記憶力について概念的に表した図です。

要は最初に覚えたモノをもう一度覚えたい時にかかる時間が最初の66%かかることを示しています。

僕たち人間は一度本を読んで記憶したつもりでも、一日後には忘れてしまう生き物なんです。

はいせ
はいせ
覚えた”つもり”って場合が多いよね。

読書に置き換えて考えるなら、一度読んだだけではなかなか内容を吸収できていないんです。

アウトプットすることで読書の内容を強制的に復習、文字として変換することになるので記憶に定着しやすくなります。

②文章力が身に付く

読書した内容をアウトプットすることで文章力を鍛えることができます。

なぜなら本の著者が書いた内容を、自分の言葉に変換して文章としてまとめる必要があるからです。

本を読むだけでも文章力は身に付きますが、アウトプットすることで鍛える効果を二倍にして上げることが可能なんです。

はいせ
はいせ
とにかく自分の言葉で書くことが重要とされています。

③説明する力が養われる

この後アウトプットの方法を具体的に紹介しますが、その中の1つ「他人に内容を3分にまとめて説明する」ことで説明する力も身に付きます。

何百ページもある本を自分なりに要約しつつ、わかりやすく他人に伝える必要があるので、論理的に説明できるようになってきます。

学生から社会人までプレゼンする機会は常にあるので、この説明する能力は高めておきたいでところです。

はいせ
はいせ
特に授業で実感することが多いです!

読書アウトプットの方法

読書 アウトプット 方法

ここまでは読書アウトプットの効果についてお話しました。

いよいよ具体的な方法について紹介していきます。

方法は3つです。

  1. ノートに書きこむ
  2. 人に話す
  3. ブログにまとめる

①ノートに書きこむ

書くことは非常に有効です。

頭を使いながら手も動かすことでより記憶に定着しやすくなります。

また自分がわかるように書けばいいだけなので、人に説明するよりもハードルが下がります。

一番早くて手軽な方法です。

読書をよくする人なら、専用のノートを使ってまとめておくと後で見返すこともできますよ。

②人に話す

効果でも挙げた通り、人に話すと説明する力も養われるのでプレゼンや試験でも役立ちます。

友達や同僚など身近な人間に、本から学んだことや感想を”相手が理解できるように”話してみましょう。

ポイントはだらだら話さないことです。

要約しつつ3分くらいに収まることを意識すると、良いアウトプットになっているでしょう。

③ブログにまとめる

個人的に一番おすすめです。

はいせ
はいせ
僕もこの方法を実践しています。

ブログに書くメリットとして

他の人が閲覧できる

本の紹介ができる

ことが挙げられます。

それぞれアウトプットを続けるモチベーションになるものです。

ブログは継続してアウトプットするために有効な手段でしょう。

まとめ:効率的な読書アウトプットの方法

読書 アウトプット 方法

読書アウトプットの方法で効果的な3つの方法を最後におさらいしておきます。

  1. ノートに書きこむ
  2. 人に話す
  3. ブログにまとめる

読書の効率を何倍にも上げるのがアウトプットなので、ぜひ読書をする際には試してみてください。

身になる読書をしましょう。