ブログ

【初心者必見】読みやすいブログの書き方|コツはたったこれだけ

ブログ 読みやすい 書き方 コツ
ブログがどうも見にくい…
記事を読みやすくするコツが知りたい!

今回はブログを運営しているとありがちなこんなお悩みを解決します。

記事の読みやすさは読者を離さず、伝えたいことを読者に伝えるためには必須です。

本記事で説明しているポイントに気を付ければ、わかりやすく“多くの人に読まれる”記事が書けるようになります。

ハイセ
ハイセ
今回紹介するのは全て基本的なことです!

現状の自分が出来ているかもチェックしながらご覧ください。

汚い記事(文章)は読みたくない

ブログ 読みやすい 書き方 コツ

たまに見かけるのですが

大事なのは中身!
中身さえ良ければデザイン整って無くても読まれるもんや!!

と言っている方がいます。この主張は半分正解で半分不正解です。

詳しく解説するために飲食店を例にしてみます。

例えば飲食店だと…

内装汚くても人気のお店ってありますよね。

なぜ人気かと言えば美味しいという信頼があるから。

しかし新しくオープンしたお店は別問題。

外観や内装が汚いと、味は良くてもお客さんはやってきません。

ブログも同じで、HPのデザインを始め記事が読みやすくないとどんなに内容が良くても読まれにくいんです。

はいせ
はいせ
これは記事の離脱率などにも影響してきます

ブログ記事を読みやすくするコツ

ブログ 読みやすい 書き方 コツ

それでは具体的に読みやすくするためのコツを説明します。

以下のことに気をつけるだけです。

  1. 文字の大きさ
  2. 太字・マーカー
  3. 改行
  4. ボックス
  5. 余白
  6. 画像
  7. わかりやすい表現

どれも基本的な要素ですが、少し確認・工夫するだけで見やすさが段違いです。

詳しく解説しますね。

文字の大きさ

記事のベースである”文字の大きさ”で読みやすさが変わります。

特にスマホ画面で見た時に文字が大きすぎたり、小さすぎたりすると読みにくい場合があります。

はいせ
はいせ
パソコンで書く人は要注意!

パソコン・スマホの両方で確認しながら記事を書くようにしましょう。

ちなみに僕は基本16pxです。

太字・マーカー

太字マーカーを使うことで重要なポイントをわかりやすく伝えることができます。

しかし使いすぎは厳禁!!

1つの見出しに

  • 太字は3か所まで
  • マーカーは2本まで

が太字・マーカーの上限かと思います。

これはぼくの印象ですが、重要度の強さから言うと太字<マーカーかと思います。

太字はやや大事な部分、マーカーはめちゃくちゃ大事な部分という認識で記事を書くのがおすすめです。

ハイセ
ハイセ
このマーカーは重要ということですね!(笑)

改行

適度な改行は必須です。

ポイントは「。」が付いたら改行すること。

文章のブロックが長すぎると読む気が失せてしまう可能性があります。

長い文章がだらだら続いている記事は読みたくないですよね。

特にスマホの画面では長くても4行までにまとめるようにしましょう。

ボックス

ボックスを使うとまとまりが出て見やすくなります。

僕は冒頭でいくつかのポイントをまとめたい時引用したい時に使っています。

要点をまとめながら記事を構成できるので積極的に使いましょう。

WordPressテーマによってボックスデザインは変わります

余白

僕が一番伝えたいポイントです。

読みにくいブログの典型的な例が

余白が全くなかったり、逆に広すぎたりしていること。

余白が適切にあると、読者が読んだ時スラスラと内容を追うことができます

はいせ
はいせ
PCの画面だと余白は取りやすいけど、スマホの画面がなかなか難しい…

適切な余白を見つける方法として

僕はすべてのサイズの余白を、スマホとにらめっこしながら試してました。

もしくはお手本としてるブロガーさんの記事を定規で測りながら、地道に確かめていくのも手ですね。

画像

記事が文章ばかりだと読者も飽きてきます。

画像を入れることで区切りが出来て読みやすくなりますし、イメージもわきやすくなるんです。

はいせ
はいせ
画像を入れる場所はh2の見出しの下がおすすめ!

記事に沿った画像を入れて読みやすくしましょう。

わかりやすい表現

専門的な難しすぎる表現は記事を読みにくくします。

どうしても使いたい時は用語の説明を必ずつけるようにしましょう。

また、漢字ばかり、ひらがなばかりの文章もアウトです。

はいせ
はいせ
バランスを見て偏らないようにしよう。

番外編:吹き出しでプロ化

ブログ 吹き出し

自慢のアイコンがある人はぜひ「吹き出し」も入れながら記事を書きましょう。

吹き出しを使うメリットは

  • 会話しているように説明できる
  • 親近感がわく
  • 語調を崩せる

などがあります。

はいせ
はいせ
自慢のアイコン画像を使って吹き出しを入れよう!

まとめ:読みやすい記事の書き方のコツ

ブログ 読みやすい 書き方 コツ

最後におさらいです。

  1. 文字の大きさ
  2. 太字・マーカー
  3. 改行
  4. ボックス
  5. 余白
  6. 画像
  7. わかりやすい表現

これらを意識して記事を書いてきましょう。

記事の読みやすさを求めると、一つの記事にかかる時間や手間は間違いなく増えます。

しかし、ブログは読者がいてこそ成り立つもの。

ここに妥協することがあってはダメです。

細かいポイントまで気を配って記事を書くことで、あなたの記事がより多くの人に読まれることは間違いありません。