ブログ

【ブログ初心者向け】画像付きでサーチコンソールの設定方法と使い方を解説

サーチコンソールの設定方法と使い方
サーチコンソールの登録方法を知りたい…
サーチコンソール使うと何ができるの?

今回はこんな悩みを解消します。

本記事で書くこと

サーチコンソールでできること

サーチコンソールの設定方法

Googleアナリティクスとの連携の仕方

Googleが無料で提供している分析ツールの「Google Search Console(サーチコンソール)」

ブログの分析には必須のツールですので、

本記事でメリットと設定方法を丁寧に紹介していきますね。

まえおき:サーチコンソールとアナリティクスの違い

サーチコンソールと似たようなツールに「Googleアナリティクス」があります。

どちらもユーザーの行動を分析するツールですが、どの部分のユーザーの行動を見るかで変わります。

分析ツール役割
サーチコンソール検索”前“の行動(ユーザーが使う検索キーワードや検索順位)
アナリティクス検索”後”の行動(滞在時間やどの記事を見たか)

アナリティクスの詳しい解説はこちらから見ることができます。

ハイセ
ハイセ
まだ登録していない人は要チェックです

【使わなきゃ損】サーチコンソールを導入する意味

サーチコンソールはブログを運営していく上で必須の分析ツールです。

主な役割は4つあります。

  1. 記事の検索状況の確認
  2. Google検索エンジンへの追加
  3. サイトマップの追加
  4. エラーが起きた時に発見可

記事の検索状況の確認

サーチコンソールではブログの検索状況について詳しく以下のことが知れます。

  • 合計クリック数
  • 合計表示回数
  • 平均CTR(クリック率)
  • 平均掲載順位

合計クリック回数・表示回数

記事がどれだけユーザーの目に届いているか一目でわかる指標となります。

平均CTR

クリック数を表示回数で割った値のこと。

例えば表示回数が1000回、クリック数が10回なら、10÷1000=0.01(1%)

つまりブログを見た人の何割が実際にクリックしているかわかるのが平均CTRということです。

平均掲載順位

ある検索キーワードに対して、その記事が何番目に表示されているかがわかります。

これらの記事の検索状況は日頃から確認することで、現状の確認や記事の改善がしやすくなります。

はいせ
はいせ
リライトする時に役立つね!

Google検索エンジンへの追加

通常記事を投稿しても、実際に検索されるまでは時間がかかります。

なぜなら検索エンジンが記事を見つけるまで時間が必要だからです。

しかし、サーチコンソール内のURL検査という機能を使えば、サイトを検索エンジンにより早く登録(インデックス)させることができます。

はいせ
はいせ
このURL検査でのインデックスにはいつもお世話になっております

サイトマップの追加

サイトマップとは、そのサイトの全体の地図のようなものです。

サイトマップにも2種類あります。

HTMLサイトマップ→ユーザーに対してサイト内の記事や情報をわかりやすくする役割

XMLサイトマップ→検索エンジンにサイト内をより的確に認識させる役割

サーチコンソールではXMLサイトマップを登録できます

このサイトマップを作って登録させることはSEOの観点からも大事なポイントです。

エラーの発見

サーチコンソール内の“カバレッジ“では、サイトが正しくインデックスされていない場合など、エラーが生じていないかどうかをチェックすることができます。

はいせ
はいせ
インデックスされていないと一生ユーザーから検索されないかも…

それを防ぐためにもカバレッジでの確認が必要です。

せっかく時間をかけて作ったサイトが人に見られないのは辛いですよね。

【画像付き】サーチコンソールの設定・登録方法

それではサーチコンソールにサイトを登録する方法を説明します。

  1. Googleアカウント作成
  2. サイトをサーチコンソールに登録
  3. 所有権の確認

STEP1 Googleアカウント作成

サーチコンソールへのサイト登録には、Googleアカウントの作成が必要になります。

すでにGmailを利用している人などはアカウントがあるので、そのままサーチコンソールにログインしましょう。

まだの方は「Googleアナリティクス」の登録にもGoogle アカウントを使用するので、ぜひ作成しておきましょう。

STEP2 サイトの登録

プロパティタイプの選択

アカウントを作ってログインすると、画像のように「プロパティタイプの選択」画面に飛びます。

「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2種類があります。

ドメインとは

http、https、wwwなどいくつかのドメインをまとめて管理することが出来る

URLプレフィックスとは

入力されたドメインを個々で管理する

サービスによっては個別に管理する方が望ましいとするところもあります。

ですから今回は「URLプレフィックス」での登録を紹介するので、そのまま自分のサイトのアドレスを指定の部分に入力しましょう。

STEP3 所有権の確認

アドレスを入力すると、所有権の確認画面に飛びます。

ここですでにGoogleアナリティクスのアカウントを持っていると、すぐに所有権が確認されます。

所有権の確認

そうでない方はいくつかの方法で所有権を確認する作業が必要ですが、今回は最も一般的なHTMLタグを使った方法です。

手順にしたがって、まずはファイルをダウンロードして確認をクリック。

次にHTMLタグの画面でメタタグをコピーして、指示通りにサイトのホームページの指定箇所に張り付けをして、同じく確認をクリック。

ブログテーマによってはメタタグを貼らなくてもよいケースがあるので、確認しましょう。

はいせ
はいせ
これで所有権が確認できれば、登録は完了です!

Googleアナリティクスとの連携方法

Googleアナリティクスを導入している方は、サーチコンソールとの連携もしておきましょう。

アナリティクスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事>>【見方&使い方完全ガイド】Googleアナリティクスを解説

STEP1 アナリティクスへログイン→集客設定へ

アナリティクスからサーチコンソールのデータ共有を設定

アナリティクスへログインしたらサイドバーにある「集客」を開いてください。

そこから「Search Console」「検索クエリ」をクリックして、画像のように「Search Consoleのデータ共有を設定」を選択。

STEP2 Search Consoleの調整へ

サーチコンソールを調整

その後「Search Consoleを調整」をクリック。

STEP3 サイトの追加

サイトの追加

そして画像の赤線の「追加」をクリック。

STEP4 連携したいサイトをチェック

サイトにチェック

連携させたいサイトにチェックを入れて、最後に忘れずに保存を押して完了です。

これでサーチコンソールの設定とアナリティクスとの連携が終了しました。

はいせ
はいせ
お疲れ様でした!

こまめに分析しよう

ブログ運営において分析は必須です。

サーチコンソールで頻繁に自分のサイトをチェックしていきましょう。